藤枝・焼津・島田・静岡市で外壁屋根塗装、ガイナ塗装をするなら実績豊富のあんしんりふぉーむ

外壁塗装に関する疑問・質問を、
直接プロから聞けるチャンスです!

外壁塗装・屋根塗装など外壁に関する
お悩みを個別にお聞きします!

通話無料!お電話でのお問い合わせは

フリーダイヤル0120-968-548

受付時間 9:00~17:30 (土日も営業中!!)

メニュー

屋根塗装の流れ

徹底解説!屋根塗装の流れをご紹介します。

屋根塗装の流れ

屋根塗装施工の流れ

あんしんりふぉーむの屋根塗装の施工の基本的な流れをご紹介しています。

お問い合わせから屋根塗装後もお客様が気兼ねなく何でも相談していただける様、心掛けています。

塗装工事中は工程を全て写真に収めて工事完了後お客様に提出しています。

また、塗装中のお客様だけでなく、ご近所の方も安心して過ごしていただける様に、あんしんりふぉーむならではの、他社にはない丁寧で安全な塗装工事と近隣挨拶を行っております。

1お問い合わせ

メール・LINE・お電話でお気軽にご連絡ください。メール・LINEは24時間以内に必ずご返信します。お問い合わせいただく内容はどんなにささいな事でもかまいません。

お見積り・ご相談は無料で行っております。ご相談内容に沿って、担当者より日程調整のご連絡をさせて頂き現地を見にお伺いいたします。

LINEからのご相談はこちら

まずは簡単に相談をしたい!という方はこちら

メールでのご相談はこちら

営業日1日以内に返信いたします!

お急ぎの方はお電話にて
お申し込みください。

0120-968-548

【受付時間】月~日・祝日OK (9:00~17:30

2ヒアリング

お客様のご希望や疑問をヒアリングさせていただきます。

家の心配な部分や、工事に際しての不安、塗装、色、塗料に関する疑問点にお答えします。

3無料現地点検・測定

現地点検・計測は無料で実施いたします。

現地の点検・計測は見積もりを正確に作成する為にとても重要な作業です。

あんしんりふぉーむでは、専門知識のある積算の責任者と工事監督が、しっかりと現地点検・測定をしますので安心です。

屋根点検の様子

屋根点検の様子

屋根点検・計測の様子

屋根点検・計測の様子

屋根の点検は、劣化状態の確認と同時に、材質の確認や釘が出ていないか、ひび割れがないか漆喰は傷んでいないかなど、どんな施工が必要なのかを丁寧に見ています。

そして、屋根の状態を確認しながら写真を撮ります。

この時、撮った写真は後日お客様に提出して、現状の劣化状態と補修方法などの説明をいたします。

クラック

クラック

シーリング劣化

シーリング劣化

瓦の漆喰の劣化

瓦の漆喰の劣化

また、計測は正確に行うために図面をお借りして実際の建物と違いがないか確認をしながら行います。(図面が無くても可能です)

屋根の点検は梯子で屋根に上がり時間をかけてしっかりと行います。

屋根に上らないと、正確な状況を把握できない為です。

正確な状況を把握していないと、正確な見積もりが作れないので、工事が始まってから追加工事を出す原因になります。

屋根の勾配が急な場合は危険なので屋根には上れないため、梯子から屋根を見る形になります。

不測の事態でやむを得ず、工事中に追加工事が発生する場合も稀にありますが、 出来るだけそのような事にならない為にしっかりと点検・計測をしています。

お客様からの追加注文がない限りは、工事中の追加工事費は不測の事態を除き、発生しませんのでご安心ください。

4現状報告・見積り提出

現地点検の際に撮った写真をもとに、お客様のお家の屋根がどの様な状態なのか、塗り替えが必要な部分や、補修が必要な個所をわかりやすくご説明いたします。

お見積りは、事前にお客様の考えをヒアリングさせていただいた内容に基づき作成し、ご希望に沿う塗装プランをご提案します。

点検報告書

点検報告書

見積もり書

見積もり書

多くの場合お客様のご自宅に訪問して点検報告とお見積りを提示させていただいていますが、藤枝の本社や焼津ショールームにも商談スペースがありますので、ご来店いただくことも可能です。

点検・点検報告・お見積り、塗装プランのご提案まで全て無料です。

ご提案内容と金額に同意いただけた場合、ご契約書に署名とご捺印をいただき、塗装工事のお申し込みとなります。
お申込みを頂いた日を含む8日間はクーリングオフが可能です。

5屋根の色選び・カラーシミュレーション

屋根の色選びは、カラーシミュレーションや塗料の色サンプルで外壁の色を決めていただき、その次に屋根の色を決めます。

お客様の家のデザインに合う、人気の色をアドバイスさせていただくことも可能です。

どんな色にしたいか決まったら、同じ色で塗装したお宅がある場合は現地をご案内して、イメージと違いがないか見ていただきます。

屋根の色を決める時は、サンプルやカラーシミュレーションで外壁の色とのバランスをみてみるとわかりやすいです。

ただ、カラーシミュレーションの画面上の色と実際の色は完全に同じ色にはなりませんので注意していただいています。

実物を確認するのが一番間違いありませんので、ご希望の色で塗装した家を見ていただくことをおすすめしています。

色サンプル

色サンプル

打ち合わせ風の写真

打ち合わせ風の写真

6近隣ご挨拶

屋根塗装の工事日程が決まったら、弊社の担当者が工事前のご挨拶回りを行います。向こう三軒両隣ごあいさつ回りの範囲としています。

お客様には、お隣の方へのご挨拶のご協力をお願いしています。

お隣の方もお互い様という感覚の方が多いのですが、挨拶はとても重要です。

近隣の方には、足場架設の予定日・洗浄工事予定日、工事期間を書面にて事前に配布します。

屋根塗装は、足場架設・洗浄・足場解体の時に大きな音が出ます。

また、塗料の種類によっては塗料のニオイが出ますので、トラブルにならないように周囲の住民の方に事前にご挨拶回りをします。

出来るだけ直接お会いして説明していますが、ご不在のお宅にはお知らせの書面をポスティングしています。

ご挨拶する範囲は、足場架設工事の時にトラックが道路を塞いでしまう場合もある為、適宜判断して広げています。

あいさつ回り写真

あいさつ回り写真

7家のまわりの片づけ

足場スペース確保のため、荷物移動や片づけが必要な場合は弊社スタッフが行います。

その際に、不用品の処分も承っておりますのでお気軽にご相談ください。

植木鉢、物置きなど重たい物の移動や樹木の剪定が必要な場合にも弊社スタッフが行いますのでご安心ください。

家の周り写真

家の周り写真

庭先写真

庭先写真

8足場架設

屋根塗装用の足場架設は、挨拶・マナー・丁寧な仕事内容が揃った協力会社の職人さんが行います。

どこの足場屋さんでもいいというわけではなく、仕事の質の良い決まった足場屋さんに依頼しています。

一般的な2階建ての住宅の場合、組み立てには朝から夕方まで1日かかります。

架設工事は植栽や置物などを傷めないよう細心の注意を払って作業をします。

勾配が急な屋根の場合は屋根にも足場を組みます。

塗装のはじめと終わりに行うのが足場工事ですので、どんなに良い塗装をしても 足場工事ですべての印象が変わってしまうといっても過言ではないため、とても重要な工程だと考えています。

足場架け

足場架け

足場架け

足場架け

屋根足場完成

屋根足場完成

お隣の家との間が狭い場合には、空中で境界を越えてしまったり、お隣の土地や塀・屋根などに足場を乗せる場合もあるため、事前にお隣の方に協力していただけるように弊社スタッフが必ず説明に伺いますのでご安心ください。

9足場架設後の再点検

足場架設がおわったら事前の点検では確認できなかった危険な場所の再点検を、建築知識を持った工事監督が行います。

釘が抜けている場所や、補修が必要な場所を直してから塗装をします。

釘が抜けている写真

釘が抜けている写真

樋が外れている

樋が外れている

10塗装工事中の駐車場・車の取り扱いについて

工事中はお客様の家の駐車スペースをお借りしますが、駐車スペースがない場合はやむを得ず、通行の邪魔にならない様に駐車禁止ではない路上に停めさせていただく場合もあります。

また、足場でお客様の車が停められない場合は、近隣の月極め駐車場などの駐車スペースを弊社がご用意しますのでご安心ください。

駐車風景

駐車風景

塗装工事中は4面メッシュシートの足場で覆われていますが、メッシュシートも完ぺきではありません。

万が一塗料が飛んでしまった場合に、駐車中の車に塗料が付かないように、不織布の車カバーを掛けさせていただきます。

11施工中の報告・連絡

施工中は多くの方がご不在の状態で工事が進んでいくので、今どんな状況で、どんな作業をしているのかを毎日報告・連絡しています。電話で今日の工事内容と、明日の予定を連絡しています。

なかなか連絡が取れないお忙しい方には『塗り替え作業日誌』をポストに入れて、工事の状況を常にお知らせしていますので、工事中も安心して外出して頂けます。

お客様から「外出する予定が立てやすくて助かった」と好評です。

電話連絡

電話連絡

12屋根洗浄・バイオ洗浄

洗浄は弊社専属の信頼できる塗装職人が行います。洗浄は塗装の品質を左右するとても大事な工程です。そのため弊社は洗浄を2回行います。

1回目は、低圧でバイオ洗浄剤を吹き掛けていきます。バイオ洗浄剤により、汚れや藻・コケ・菌類を浮かせます。そして2回目の高圧トルネード洗浄で、汚れ、コケ、カビや、旧塗装膜などの表面の汚れをきれいに洗います。

玄関ポーチなどの、汚れている部分も洗浄します。

屋根バイオ洗浄中

屋根バイオ洗浄中

屋根高圧洗浄中

屋根高圧洗浄中

玄関ポーチの洗浄

玄関ポーチの洗浄

13シーリング(コーキング)打ち替え

実は屋根にもつなぎ目があります。棟板金のつなぎ目や瓦のつなぎ目などのシーリングを打ち替えます。

シーリング(コーキング)は建材と建材の分かれ目の隙間を埋めるための防水目的で使用されています。雨漏りを防止するために重要な工事です。

傷んだシーリング

傷んだシーリング

シーリング完了

シーリング完了

14屋根の下地調整・漆喰補修

塗装する前にサビやひび割れ、はがれなど、そのままでは塗装が出来ない部分の補修や調整瓦の漆喰の補修は塗装前に行います。

サンドペーパー等で表面のサビや旧塗膜を落とし、塗装の密着性を良くします。ひび割れがある場合は、塗装後に可能な限り補修跡が目立たないように補修します。

ひび割れ補修

ひび割れ補修

セメント瓦の漆喰補修

セメント瓦の漆喰補修

15釘の浮き補修

屋根の棟押さえの板金や棟瓦などの釘は、10年ほどで釘が浮いてきます。そのまま放っておくと、隙間から水が侵入し、木材を腐らせる原因になるため釘の打ち直しをします。

下地の木材が傷んでいると釘が聞かなくなっている場合もあるので釘を抜いて、別の場所に今度はビスでしっかり固定し、釘の後の穴はシーリングで穴埋めをします。

屋根の板金釘が抜けている

屋根の板金釘が抜けている

屋根の瓦の釘が抜けている

屋根の瓦の釘が抜けている

釘を打ち直します

釘を打ち直します

釘を押さえる作業は屋根を塗装する必要がない、瓦屋根の家も行います。 場合によっては写真の様に出てしまった釘の代わりに長いビスで瓦を留めます。

洋瓦の棟瓦の釘が抜けてなくなっている

洋瓦の棟瓦の釘が抜けてなくなっている

スクリュー釘の代わりに長いビスを打ち込みます

スクリュー釘の代わりに長いビスを打ち込みます

ビスで瓦をとめます

ビスで瓦をとめます

16下塗り

塗装工程の中で一番大事なのは下塗りです。下塗りによって、仕上がりの美しさや耐久性が左右されるといっても過言ではありません。

下塗りは中塗り・上塗りと外壁材を密着させる両面テープのような役割を担っているからです。中塗り・上塗りをどんなに丁寧に塗装しても、下塗りが適切でなければ、はがれなどの不具合の原因になってしまいます。

特にセメント瓦やモニエル瓦は塗料を吸い込みやすいため、下塗りを2回以上行います。屋根の材質・状況によって下塗りの回数も変わりますので丁寧に塗ればいいというだけではなく新しい情報や正しい知識が重要です。

下塗り用塗料は状況を見て、塗装のプロである私たちが責任を持って判断させていただきますのでご安心ください。

屋根の下塗りの様子

屋根の下塗りの様子

屋根の下塗りの様子

屋根の下塗りの様子

17タスペーサー

タスペーサーは屋根材がカラーベストで2度目の塗装の時か、ガイナの様に塗膜が厚い塗料の場合施工が必要になります。

タスペーサーとは、カラーベスト同士が塗料でくっついてしまうことを防ぐ為の部材です。カラーベストの縁切りをしっかりしないと雨漏りの原因になるため、とても大事な工程になります。

一般の樹脂塗料の場合は下塗りが終わった後に、ガイナの場合はガイナを塗装した後に縁切りが必要な個所に施工します。

塗装をしても縁が切れている状態であればタスペーサーは不要です。

縁切りされていないカラーベスト

縁切りされていないカラーベスト

タスペーサー

タスペーサー

18中塗り

中塗りはお客様が選んだ塗料で塗装をします。下塗りと同様に中塗りも丁寧に塗ることで、最後の仕上がりに差が出ますので細かい部分にもしっかり塗料が届くようにローラーを動かします。

下塗り・中塗り・上塗りの3回塗りをしたことがお客様にもわかりやすくする為に、中塗りと上塗りを別の色で塗装することも可能です。

中塗りの様子

中塗りの様子

中塗りの様子

中塗りの様子

19上塗り

上塗りは塗装工程最後の仕上げです。中塗り・上塗りの塗料は弊社が購入し管理しています。塗料メーカーの指定する塗布量と希釈率を守って塗装するためです。

どんなに腕のいい塗装職人であっても、正しい塗布量と希釈率を守らなければ、塗料本来の機能は発揮できません。

塗料をハカリで計量中

塗料をハカリで計量中

弊社の屋根塗装は、腕のいい専属職人が正しく塗料を使用するのできれいな仕上がりと耐久性を発揮できます。

塗料を薄める時は、職人さんの経験や勘に任せず、計量カップや計りを使用しています。

あんしんりふぉーむは、工事完了後に、使用前と使用後の塗料缶の写真を提出していますので、何缶塗料を使用したのか写真でしっかりわかり、手抜き工事をしていないことをお客様に確認して頂けるので「しっかり塗装したのがわかって安心だね。」と、お客様からも好評です。

上塗りの様子

上塗りの様子

使用前の塗料缶の写真

使用前の塗料缶の写真

使用後の塗料缶

使用後の塗料缶

20テレビのアンテナについて

屋根の上にテレビのアンテナがありますが、使っていなかったりサビていたりします。もう使用していないアンテナは撤去しますので遠慮なくお知らせください。また、錆びたアンテナの支柱は屋根をサビで傷める原因になるのできれいに塗装をします。

テレビアンテナの錆

テレビアンテナの錆

テレビアンテナの塗装

テレビアンテナの塗装

21足場があるうちに、塗装のついでにとご依頼が多い事

足場があるうちに・・・、塗装のついでにとご依頼が多いのが、防鳥ネット設置・コウモリ対策・太陽熱温水器の撤去・ベランダ防水です。

・防鳥ネット設置
雨戸の戸袋や、ソーラーパネルの下に鳥が巣を作ってしまい困っている方には、防鳥ネットを設置することもできます。

防鳥ネット設置

防鳥ネット設置

・コウモリ対策
コウモリは、瓦の隙間や、換気口のような小さな隙間から家の中に住み着いてしまうと、追い払っても戻ってきて、場所を変えて住み着く習性がある為、足場があるうちに入り込む可能性がある場所を全て塞ぐ工事をご依頼いただくこともあります。

コウモリ対策

コウモリ対策

・太陽熱温水器の撤去
使用しなくなった太陽熱温水器は水漏れをしていることが多いため、撤去処分を依頼されることが良くあります。足場があるうちに撤去すると費用も抑えられます。

太陽熱温水器

太陽熱温水器

・ベランダ防水
ベランダ防水は足場なしでも工事は可能ですが、作業の出入りがありますので、何度も業者が出入りするよりも外壁や屋根の工事と同じ期間内で一度に終わった方がいいという方が多く、塗装と一緒にご依頼を頂くことがあります。

雨漏りの原因になることも多い場所ですので、状態を見て修繕をすることをご提案しています。傷んでいなければ外壁や屋根の塗装の時に、一緒にやらなくてもいい工事です。

ベランダの傷み

ベランダの傷み

22手塗りと吹付けについて

屋根はほとんどの場合、手塗りでローラーと刷毛を使用して塗装しています。

塗料によっては、吹付けじゃないと塗装できないこともあります。

ローラーで手塗り風景

ローラーで手塗り風景

刷毛風景

刷毛風景

23塗装検査

全ての塗装工程が完了したら、弊社の現場監督と塗装職人と塗装検査を行います。

塗り忘れや、塗料が飛んでいないか、きれいに仕上がっているか時間をかけて細かくチェックします。

検査風景

検査風景

24足場解体

足場の解体は、壁などに部材をぶつけない様に細心の注意を払っています。

また、きれいに塗装した屋根の上に乗る時は、足跡が付かないように靴の裏を布で拭いてから上がるようにしています。

解体風景

解体風景

解体風景

解体風景

25清掃・エアコンホースのテープ巻

塗装工事中も、担当者・現場監督・職人の全員で整理整頓、清掃を常に行っていますが、足場が解体された後、仕上げの清掃を行います。

工事前よりもきれいにしてお客様に引き渡しするように心がけています。

また、紫外線でボロボロになってしまっているエアコンホースやソーラーパネルのケーブルホースのテープのまき直しを行っています。せっかく塗装して綺麗になったので、細かい部分の修繕も行い、地域1番のきれいな仕上がりを目指しています。

ビフォア

ビフォア

アフター

アフター

エアコンホースのテープ巻直し

エアコンホースのテープ巻直し

26完了確認・お支払い

工事がすべて完了したら、各工程の施工写真を提出いたします。しっかり塗装をしたことを施工写真で確認して頂くことができます。

お支払いはお客様が工事内容にご納得していただいてからになります。工事完了の書類に確認のサインを頂くまでは、工事費用のご請求はいたしません。

お支払方法は、お振込みや現金、ローンでのお支払いも可能です。

現金でのお支払は、紛失や盗難などの安全性を考慮してなるべく金融機関からお振込みをしていただくようお願いしています。

ご入金の確認後、保証書を発行しお届けに伺います。

施工写真

施工写真

保証書

保証書

27アフターメンテナンス定期無料点検訪問の実施

あんしんりふぉーむの屋根塗装は、塗装後10年間、アフターメンテナンス専門スタッフが無料定期点検を実施しています。

1年目、3年目、5年目、7年目、10年目に施工させていただいた箇所に不具合が発生していないかの確認を行います。

屋根は常に屋外にさらされている状態なので、どんなに完璧に塗装してもなにが起きるかわかりません。

定期的に状態を確認することで、大きな修理の発生を未然に防ぐことが出来ます。人が長生きする為に定期的に健康診断を受けて、健康な状態を維持するのと同じです。

屋根塗装も、定期的な点検で寿命を数年伸ばすことが可能です。

点検風景

点検風景

アフターメンテナンス報告書

アフターメンテナンス報告書

また、あんしんりふぉーむは塗装以外の家のお困りごとに、なんでも対応できます。どんなにささいな事でも遠慮なくご相談ください。